S-94

(2010/DVCAM/モノクロ/ステレオ/16:9/30min)


衝撃のブラスト(爆破)・ムービー『S-94』

【解説】
『ピノキオ√964』がDVD化され、再び注目を集める奇才・福居ショウジン監督が、前作『the hiding-潜伏-』の劇場公開から一年を経て、早くもその最新作『S-94』を完成させました。
本作は緊迫感あふれるストーリーと、凄まじいまでの描写で、観る者の目を一瞬たりとも離さずに、衝撃の結末に向かって一気に突き進んでいきます。
さらにゴシック・インダストリアル・ユニット「Despair」で活躍するRieuによるサウンドは、映画音楽の枠を超え、映像と真正面からぶつかり合い、火花を散らします。
かつて「インダストリアル・ノイズ・パンク・ムービー」(塩田時敏氏コメント)と評された福居ショウジン監督作品群は、過激な映像描写とサウンドに加え、劇場にPAと巨大スピーカーを持ち込んで、上映自体をライブとして展開させてきました。
本作『S-94』でも、監督自らが操る特殊なエフェクターを駆使した爆音ライブ上映ツアーを決行し、映画の常識をうち破る新たな試みに挑戦します。
新たな時代の幕明けを告げる衝撃のブラスト(爆破)・ムービーが、ついにそのベールを脱ぎます。



[ストーリー]

弾ける身体、噴出する血。

「S−94」ウイルスが世界を血に染める中、二人の女が生き残った。

SHELTER No,2010、生きたい女、”美羽”、死にたい女、”アイス”、はそこにいる。

美羽は人類生存の為、男を探し求め、アイスは人類滅亡の為、死へと向う日々。

そんな二人のバランスは既に限界を超えていた。

突然、ノイズが空間を切り裂き、”周馬”と名乗る男の声が飛び込んでくる。

美羽は餓えた獣の目でバイクを走らせた…。

「S−94」に選ばれし謎の男、周馬を迎え入れたSHELTER No,2010。

しかし、美羽とアイスは周馬に触れる事さえ許されない。

果たして周馬は何者なのか?神となりえた存在なのか?

美羽、アイス、周馬、そして人類の行く末は?

全ての答えは血の海の中に浮かび上がる。


[スタッフ・キャスト]

■ キャスト

美羽(みう)・・・創木希美

生きたい女。

どんな困難な状況にも立ち向かう強い意志を持ち、次の世代(子供)を誕生させることに執念を燃やしている。

創木希美さん公式ブログ


http://ameblo.jp/n-hatsuki/

アイス・・・立島夕子

死にたい女。

絶望し、自虐行為を繰り返す日々。

しかし一人では死ぬ勇気を持たず、美羽を巻き込もうとする。

立島夕子さん公式HP 立島夕子の地下要塞

http://undergroundfortress.web.fc2.com/

周馬(しゅうま)・・・石川ゆうや

ウイルスに犯されず生き残った抗体の持ち主。

人類の希望の鍵を握っている。



■ スタッフ

プロデューサー・・・・・友利栄太郎
監督・脚本・編集・・・ 福居ショウジン
撮影・録音・・・・・・・蔭山周
助監督・・・・・・・・・加島優一
監督助手・・・・・・・・鈴木修人
制作・・・・・・・・・・藤川久美子
制作デスク・・・・・・・東澤俊秀
美術・・・・・・・・・・ホネ工房
衣装・・・・・・・・・・甲斐さやか
特殊造形・・・・・・・・椋梨夜
応援・・・・・・・・・・中村研太郎
サウンド・・・・・・・・Rieu(Despair)
ロケセット協力・・・・・都志美
企画・製作・宣伝・・・ ホネ工房


サウンドを手がけたRieuが主宰するハードコアテクノロジーインダストリアルユニット
Despair公式HP: http://despair-nation.com/


[予告編]


[作品へのコメント]

2008年の8月、福居ショウジンにインタビューした時、
彼は、次回短編作『S-94』は、彼の今後すべての作品を方向づける映画になるだろう、と説明してくれた。
「私はこの映画で、ウィルスを取り上げました。ウィルスは、これから私がさらに展開させていきたいと思っている題材であり、この新作はそうした作品を創っていくにあたっての、最初のステップなのです。」
彼はそう語った。

そしてついに完成した『S-94』を観て、私は愕然とした。
ダークで、凶暴で、暗黒の闇の詩のごとくとてつもないシーンの数々。
例えば、ガスマスクと防護服で完全軍装した主人公の美羽が、廃墟と化した東京をバイクで疾走していくシーンでは、彼女の背後を流れ行く、黒く大きくそびえたつビルの群れが、まるで死滅していった人類の墓のように見えた。

しかし、この新作が本当にまだ、福居の定義するウィルス映画の、ごく最初の段階にすぎないとしたら、彼はこの先、本当に恐るべき映画を私たちに体験させようとしていることになる。
さあ貴方も、どうぞお楽しみに。もしその恐怖を味わう勇気があるのなら。

ヨハネス・シューンヘル(『the hiding -潜伏-』大阪上映プロデューサー)

When I interviewed Shozin Fukui in August 2008, he explained that his next short film S - 94 will set the tone for all of his upcoming work.“This next film already has a virus as subject matter. It’s the first step on making the virus movie. I want to evolve this subject matter,” he said.
Now, I finally saw S -94 and I was stunned. It’s dark and violent and full of incredible scenes of the darkest poetry: like Miu racing on a motorcycle through dead Tokyo, in full gear with gas mask and protection suit, the big black building blocks towering over her head looking like tombstones to a vanished race.
But if this is really only the first step towards Fukui’s definite virus movie, he is preparing for a truly terrifying cinematic experience. Stay tuned if you dare.
Johannes Schonherr


観客の反応はさまざまでした。途中退席する人はそれほど多くありませんでしたが、観客は動揺し、少しショックを受けていたようでした。
私は日本映画を探求していて、この作品は世紀末後といったテーマゆえに特別に私の興味を惹きましたが、 この作品はとても好きだけれど、私の好みのタイプの映画ではない、といった観客の方も見受けられました。
わたしはこの作品のミニマリズムと、ロケーションの使われ方が好きです。(おそらくクラブのようなところが核シェルターとして使われているのでしょうか?)また、私はガスマスク・フェティッシュではありませんが、コスチュームとしてのWWIガスマスクの使われ方も面白いと思いました。

Milos Tomin(映画評論家・国際映画批評家連盟メンバー)

The audience reaction was mixed to say the least, although, not too many people did leave the screening, but they were disturbed and a bit shocked. That said I loved the film, but I am not your regular audience... I seek out Japanese films and this one in particular drew my attention due to it's post-apocalyptic theme. I liked the minimalism and the clever use of locations (one of which was probably a club standing in for a bomb shelter?). It was kind of funny to see the use of WWI gas masks in costumes, I know some people have the gas mask fetish, unfortunately it is not one of mine.

Milos Tomin(film critic, FIPRESCI member)


テンポよく一気に観させてもらいました。音も興味深かったです。ポイントはパースペクティブと感じました。
坂本剛二郎(JADOO)
 

マイクの距離感やモノクロ画質も音とともにエッジの効いた演出が楽しかった。
マイキー(JADOO)
 

暗さ(照明)がとても良い、キレーなモノクロだった。ただもう少し細かい描写が欲しかった。
うるさかった。
あや
 

閉塞感、乾いた空気、非日常。血が出る映像は苦手で、目をそむけてしまうのですが、『S-94』は何故か直視している自分がいました。生々しくないのに観終わった後、戻ってこられない感覚がありました。
理恵
 

観てて窒息してしまうような錯覚を感じました。全力疾走したあとの感じとか、モノクロの映像がナマナマしくよかったです。
オー!いでっち
 

『S-94』グロかった。しかし見終わって感ずる物がありました。人類が死滅したモノクロームの世界を、ガスマスクに防護服の登場人物が、バイクで走るシーンのカット割りには、遠い昔に見た光景を想起させる物がありました。死滅した世界で見た遠い昔の光景。この作品は爆音で上映するそうです。目をつぶっても、音や台詞が聞こえれば、場面内の状況を想像する事は出来ます。画は、音との関連によって最も効果を発揮します。死滅した世界と爆音は、観る人の理性を破壊し遠い昔の原子体験を可能にする。中途半端に生かすくらいなら、いっそ殺してくれ。
『悪魔がきた』監督 坂井田俊
 

ラストシーンがキョーレツ過ぎて、終わったあと心臓がバクバクした。 ショートフィルムだけど十分な内容だった。ものたりなさを感じなかった。内容がブラックすぎるので、ちょっとびっくりしたがたのしめた。ラストが死にたい人間が本当にボロボロになってしまう意味をいろいろ考えた。 少しヒッチコックのショートムービーを思わせた。これは一般の映画館では味わえないもので、それが良かった。
ミノル

[レビュー]

Midnight Eye (S-94レビュー): http://www.midnighteye.com/reviews/s-94.shtml


[海外映画祭 上映履歴]

2012年・3月    Husets Biograf(デンマーク)" TRIBUTE to CYBERPUNK ICON SHOZIN FUKUI"

2010年・9〜10月  Festival de Cine Inusual de Buenos Aires(アルゼンチン)(Internationl/Focus部門)

2010年・5月    ハンブルク日本映画祭(ドイツ)

2010年・5月    Mar del Plata 国際インディペンデント映画祭(アルゼンチン)
          (CINE INUSUAL EN EL MARFICI)

2010年・4月    ニッポンコネクション(ドイツ)((NIPPON DIGITAL部門 Shozin FUKUI Special)

2010年・1月〜2月  ロッテルダム国際映画祭(オランダ)(短編部門 Spectrum- Shorts)

2009年・10月    モントリオール・国際ニューシネマ映画祭(カナダ)(TEMPS ZERO)