the hiding -潜伏-

(2008/DV/カラー/4:3/40分)


福居ショウジン 復活

【解説】

1980年代末から90年代初頭。

石井聰亙・黒沢清・山本政志らインディペンデント・シーンをムーブメントにまで高めた先人たちの流れを受け継ぎ、園子温・塚本晋也など次々と刺激的な映画を作る若手監督が現れた。その個性がひしめく時代に、圧倒的に異彩を放ち続けた存在、福居ショウジン。映像制作集団・ホネ工房を率い、1万人を超える驚異的な観客動員を果たした『ピノキオ√964』や『ラバーズ・ラバー』など、海外でも上映・販売されるほどの熱狂的なファンを獲得する問題作を発表した。

時は流れ、2007年。

福居はインディペンデント系若手監督のユニット・over8のトークゲストとして出演し、"映画の新しい可能性を追求する"というover8のテーマに刺激を受け、自らの原点であるインディペンデントに立ち返った映画制作を決意する。そのため福居は、10年ぶりにホネ工房を再結成。

すぐに動き出した企画は、伝説と、そして新たな熱を巻き込み、完成した。

それが『the hiding -潜伏-』である。

別れた恋人のストーカー行為に怯えるヒロインが、自宅に侵入してきた謎の女の血液を媒介として、 秘められた能力を覚醒させていく。

予測不能のストーリーが進行する本作は、世界に類を見ないサイキック・シチュエーション・スリラーである。

また、90年代当時に福居の伝説を間近に体験していた、over8メンバーの蔭山周が撮影を担当したことにより、さらに凄みを増した福居の世界観を存分に体験できる作品である。

今回、『the hiding -潜伏-』公開にあたり、06年にオリジナルDVD作品として発表された『怨廻』の再編集バージョン、『出れない』も併せて公開される。

監督自らが再構成し、新たなタイトルのもとに生まれ変わったこの作品もまた、福居の新境地を示すものとして往年のファンに新鮮な驚きをもたらすに違いない。

また、期間中にイベント上映として『ピノキオ√964』『ラバーズ・ラバー』など旧作上映も決定。"潜伏"から"覚醒"へ。福居ショウジン復活祭が、幕を開ける。

『the hiding -潜伏-』(2008/DV/カラー/4:3/40分)

配給 ホネ工房/シネマアートン下北沢

配給協力 シーグリーン

<出演>

有田鳴海役・・・溝手真喜子

坂元愛子役・・・秋津ねを

米沢伸一役・・・友利栄太郎

<スタッフ>

製作・配給・宣伝・・・・・・・・ホネ工房

プロデューサー・・・・・・・・・遠藤彰夫

監督・脚本・編集・・・・・・・・福居ショウジン

制作・照明・美術・・・・・・・・友利栄太郎

撮影・照明・録音・・・・・・・・蔭山周

特殊造形・・・・・・・・・・・・椋梨夜

助監督・・・・・・・・・・・・・加島優一

制作・宣伝・・・・・・・・・・・東澤俊秀

デスク・・・・・・・・・・・・・藤川久美子

 

【ストーリー】

元彼、伸一(友利栄太郎)にストーカー行為を受け会社を辞め、逃げるように引っ越して来たばかりの鳴海(溝手真喜子)は、心身喪失症に陥りアルコール依存の日々を送っていた。

ある日突然、謎の女・愛子(秋津ねを)が鳴海の部屋に乱入し彼女を拘束、潜伏を開始する。

鳴海は愛子から凄まじい暴力を受ける。
さらに、特異な「能力」を持った愛子は、自由を奪った鳴海の脳内情報をことごとく読み取っていく。
そして愛子が鳴海から伸一に関する情報を引き出したとき、二人の前に伸一が現れる。

絶体絶命の鳴海だったが、愛子の能力が展開する中、次第に鳴海にも特異な能力が覚醒していく。

これは現実なのか?

それとも狂っているのか?

覚醒の末に鳴海が見た真実とは!




【予告編】

 

 

【スタッフ・キャスト】

■ キャスト

溝手真喜子

【プロフィール】

1983年生まれ。

劇団東俳合同公演『新・青い山脈』や青年劇場『宙~DreamsComeTrue~』、教育映画『明日があるから』(稲見俊雄監督)などに主演。

その他出演作に、CX『アンフェア』レギュラー、教育映画『メール』(西垣吉春監督)webCM『Nを追え!』などかある。

ホラーDVD『伝染~見たら死ぬ~』(福居ショウジン監督)、『怨廻』(福居ショウジン監督)主演

今回、ホネ工房に参加し、新作『the hiding -潜伏-』に主演

 

秋津ねを

【プロフィール】

プロフィール非公開

友利栄太郎

【プロフィール】


1970年生まれ 大阪市北区出身

同志社大学法学部卒

テレビディレクター

『the hiding -潜伏-』では初期段階から福居監督と制作に着手。自ら出演も果たした。



■ スタッフ

製作・配給・宣伝・・・・・・・・ホネ工房
プロデューサー・・・・・・・・・遠藤彰夫
監督・脚本・編集・・・・・・・・福居ショウジン
制作・照明・美術・・・・・・・・友利栄太郎
撮影・照明・録音・・・・・・・・蔭山周
特殊造形・・・・・・・・・・・・椋梨夜
助監督・・・・・・・・・・・・・加島優一
制作・宣伝・・・・・・・・・・・東澤俊秀
デスク・・・・・・・・・・・・・藤川久美子

 


【コメント】

『潜伏』はお客さんあなたがたの体と反応することではじまる中篇40分の映画。
中毒とはこういう状態を指す。
僕がアンダーグラウンドの実験映画好きな子供の頃、何度も怖くて。福居ショウジンという作者の名前が。
飲んだことのまだないアルコール分の強烈なカクテルのような気がしたんだ。
久しぶりの新作に触れた去年の暮れ、アルコールで前後不覚になり神経麻痺起こす体を思いだした。
触れたら危ない、注意が要る。上手に中毒を乗りこなせるお客さんを選ぶ映画。僕には極上の一編なんだ。
柴田剛(映画監督『おそいひと』)http://osoihito.jp/top/


福居ショウジンが長い潜伏を経て目覚めた次章は、官能的に幕を開けた。
釣崎清隆(写真家・映画監督『死化粧師オロスコ』)


福居ショウジンが還ってきた。
爆音と疾走感に身をゆだねる快感、内的宇宙へのトリップ感覚。
マジカル・ミステリー・ツアーの始まりだ。
西村隆(映画プロデューサー 『三月のライオン』)


生きたいとか死にたいとか好きだとか嫌いだとか、
そんなナマヌルさをぶっ飛ばす『伝説』の復活に歓喜しろ!!
佐々木誠(映画監督 『Fragment』)http://www.fragment-movie.com/


潜伏のセンは、譫妄のセン。そこは絶え間なく続く無間地獄の如き因果の水底。
加賀賢三(映画監督)http://blog.livedoor.jp/onosendai/


どインディーズの様な始まり方だが、求心力のある演出にすぐに引き込まれる。
主人公女性と同じ[感覚]を持った人達が、僕の周りにはかなり居る筈。
ゴッホ今泉(イラストレーター/「デパートメントH」主宰)


まず音が不快、映像が不快、ストーリーが不快。
こんなに不快な映画なのに、不思議と目が離せない。食い入るように見入ってしまう。
鑑賞後、あまりの「圧倒的な何か」にやられてへとへとになってしまった。
言葉では説明できない「圧倒的な何か」、それは強烈な刺激なのか。
この映画を一緒に観た、うちの自慢の美人妻が、翌日寝込んでしまった。きっと知恵熱だろう。
それほど危険な刺激物だった。
二見明(ライター)


福居ショウジンが『ピノキオ√964』と『ラバーズ・ラバー』で、あなたの脳みその限界を超えた領域を走る、
狂ったローラー・コースターのサイコ・ライドへあなたをどう連れて行ったか覚えているか?
自分の身に巻きつけようとした精神的なシートベルトのことを覚えているか?
それらは全く役に立たなかった。あの乗り物は乱暴で深遠すぎた。
あなたを、あなたが知らなかった領域へ連れて行く…
その道中ずっと狂気の境目を跳ね回り続けるその事実であなたにショックを与える。
その境目を越えることはとても簡単で、一度超えたら二度と同じ自分ではいられない。
福居の新作『the hiding-潜伏-』に出てくる女の子は、既にその境目を越えている。
彼女はどんな些細なことにも怯えて、見るもの全てに恐ろしい暴力的なヴィジョンを視る引きこもりだ。
みんな聞いて欲しい。
もし、あなたが自分の精神的な許容量について実験したいと思うなら、
エクストラ・ストロングなLSDを売ってる街角があったら、
そこでダブル・ドーズを手に入れて、安全な場所で飲んだらいい。
ストレートに残りの人生精神病院行きだろうけど、それでも、福居の映画を観るよりは、はるかに安全だ。
あいつらは強すぎる。信じてくれ。俺は観てきたんだから。
ヨハネス・シューンヘル(『トラッシュフィルム・ロードショーズ』著者)


07年初春、若手監督たちの共同企画『over8』のゲストとして、敬愛する福居ショウジン監督をお招きした。
ショウジンさんは僕らの映画をすごく面白がってくれて、「俺もなんかやる!」と宣言した。
それから数ヶ月後、僕はとんでもないものを観た。
なんだこの感じ。いつまでも身体の芯に残る、なぜか心地よい、違和感。
たぶん僕は、この映画に、襲われたのだと思う。ムチャクチャにされて、愛されたんだと思う。
僕らの出したパスから、ものすごいシュートが生まれたのだ。
永らく『潜伏』していた福居ショウジンが、劇場に還ってくる。観客を襲撃するために。
福島拓哉(映画監督)http://www.p-kraft.com/

公開情報 2009年1月17日〜1月30日 大阪上映
『the hiding -潜伏-』LATE SHOW &福居ショウジン「復活祭」を、大阪・PLANET+1で行います。

『the hiding -潜伏-』 (2008/DV/40分)
 <監督・脚本・編集> 福居ショウジン
 <出演> 溝手真喜子、秋津ねを、友利栄太郎
 同時公開『出れない』 (2007/DV/カラー/4:3/60分)


 ■公開期間: 2009年1月17日(土)〜1月30日(金)
 ■場所:   PLANET+1(大阪)

  PLANET+1
  〒530-0016 大阪市北区中崎2丁目3-12 パイロットビル2F
  TEL&FAX:06-6377-0023 begin_of_the_skype_highlighting 06-6377-0023 無料 end_of_the_skype_highlighting
  URL:www.planetplusone.com

 ■料金
  一般:1500円 一般3回券:3500円
  会員/学生:1200円 会員/学生3回券:3000円

 ※1月17日(土) 初日トークあります:福居ショウジンVS柴田剛 (『おそいひと』監督)


[福居ショウジン「復活祭」上映予定作品]


[上映スケジュール]

PAGE TOP>>
公開情報 2008年5月10日〜6月6日 東京上映
■ 公開期間:2008年5月10日(土)〜6月6日(金) 連日20時30分より

■ 場所:シネマアートン下北沢

■ 料金:前売1,300円 当日1,500円(学生/1,400円 会員・シニア/1,000円)
☆初日舞台挨拶や、オールナイトなどイベントあり。☆連日監督・出演者によるミニイベントあり。

<同時上映作品>
『出れない』(2007/DV/カラー/4:3)
『怨廻』ディレクターズ・カット版
(期間中連日上映されます)

■ チケット取扱店
シネマアートン下北沢、渋谷TSUTAYA、ユーロスペース、シネセゾン渋谷、
シネ・アミューズ、テアトル新宿、TVbarけむり


[公開中イベント・トークショー情報]
○5月10日(土)
初日
福居監督、キャストの舞台挨拶
キャスト
溝手真喜子(『the hiding−潜伏−』/『出れない』)
秋津ねを (『the hiding−潜伏−』)
友利栄太郎(『the hiding−潜伏−』)
伊藤主税 (『出れない』)
福山知沙 (『出れない』)

○5月12日(月)
ゲスト
佐々木誠監督、伊刀嘉紘監督+福居ショウジン監督
司会・蔭山周監督

○5月13日(火)
ゲスト
釣崎清隆(写真家・映画監督『死化粧師オロスコ』)+福居ショウジン監督
司会・友利栄太郎(ホネ工房プロデューサー)

○5月14日(水)
ゲスト
MUNE(ハードコアチョコレート代表)+福居ショウジン監督
司会・友利栄太郎(ホネ工房プロデューサー)

○5月19日(月)
ゲスト
品川亮監督、加賀賢三監督、桑島岳大監督+福居ショウジン監督
司会・蔭山周監督

○5月21日(水)
ゲスト
柴田剛監督(『おそいひと』)+福居ショウジン監督
司会・友利栄太郎(ホネ工房プロデューサー)

○5月24日(土)オールナイト上映
 23:10 開場 23:30イベント開始

・『出れない・別バージョン』(DV/カラー/ステレオ/55分)福居ショウジン監督
  <出演>溝手真喜子 伊藤主税 福山知沙

・トークショー
 ゲスト
 溝手真喜子(『the hiding−潜伏−』/『出れない』)
 伊藤主税 (『出れない』)
 福居ショウジン監督
 司会・友利栄太郎(ホネ工房プロデューサー)

・『days of』(2006/9min/8→DVCAM/カラー/16:9)福島拓哉監督
・『ラーメン』(2006/10min/8mm→DV/カラー/16:9)前田弘二監督
・『結晶都市』(2006/10min/8→DV/カラー/4:3)  品川亮監督
・『燃え上がる生物』(2007/15min/8mm→DV/カラー/4:3) 蔭山周監督
・『ゲロリスト』 (1987/12min/8mm/color/4:3)福居ショウジン監督
・『キャタピラ』 (1988/33min/8mm/color/4:3)福居ショウジン監督
  ※ほか、シークレット作品(10分)の上映あり

・トークショー
 ゲスト
 福島拓哉監督
 蔭山周監督
 前田弘二監督
 福居ショウジン監督
 司会・友利栄太郎(ホネ工房プロデューサー)

・『ラバーズ・ラバー』(1996/96min/35mm/B&w/4:3)福居ショウジン監督
  <出演>川瀬陽太 奈緒 齋藤聡介 国広ミカ ジーコ内山 飴屋法水

 料金:2,500円(当日券のみ)
 尚、整理券は12:30より配布致します。

○5月26日(月)
ゲスト
前田弘二監督、有馬顕監督、福島拓哉監督+福居ショウジン監督
司会・蔭山周監督

○5月28日(水)
ゲスト
松本卓也(竹書房・編集長)+福居ショウジン監督
司会・友利栄太郎(ホネ工房プロデューサー)

○6月2日(月)
ゲスト
和田浩之監督、川野弘毅監督、千木良悠子監督+福居ショウジン監督
司会・蔭山周監督

○6月6日(金)
楽日
上映後、監督、キャストの舞台挨拶
ゲスト
溝手真喜子(『the hiding−潜伏−』/『出れない』)
秋津ねを (『the hiding−潜伏−』)
友利栄太郎(『the hiding−潜伏−』)
伊藤主税 (『出れない』)


[海外映画祭 上映履歴]

2012年・3月    Husets Biograf(デンマーク)" TRIBUTE to CYBERPUNK ICON SHOZIN FUKUI"

2010年・9〜10月  Festival de Cine Inusual de Buenos Aires(アルゼンチン)(Internationl/Focus部門)

2010年・5月    ハンブルク日本映画祭(ドイツ)

2010年・5月    Mar del Plata 国際インディペンデント映画祭(アルゼンチン)
          (CINE INUSUAL EN EL MARFICI)

2010年・4月    ニッポンコネクション(ドイツ)((NIPPON DIGITAL部門 Shozin FUKUI Special)

2010年・1月〜2月  ロッテルダム国際映画祭(オランダ)(短編部門 Spectrum- Shorts)

2009年・10月    モントリオール・国際ニューシネマ映画祭(カナダ)(TEMPS ZERO)