Filmography

■監督・福居ショウジン

プロフィール

兵庫県生まれ。東京工芸大学工学部画像工学科卒業。

大学在学中に『レインジャーごっこ』『血の惨劇'85』『メタル・デイズ』などの作品を制作。
卒業後、ノイズバンド「ホネ」のライブ活動を行いながら、『ゲロリスト』(PFF予選通過)や『キャタピラ』(伝説のバンド、リビドーのVo.故・NARITA MIU出演)などの作品を制作。インディーズバンドのライブ・ビデオを製作・演出、自主流通による販売を手がける一方で、塚本晋也監督作品『鉄男』に参加。石井聰亙監督のもとで助監督を務める。

1991年、映像制作集団「ホネ工房」を率い、『ピノキオ√964』を発表。
「映画の上映はライブである」という信念のもと、劇場にPAシステムを持ち込み、現場で自ら特殊エフェクターを駆使してサウンドをオペレートする爆音ライブ上映を展開。中野武蔵野ホールにて10週間のロングランを皮切りに、大阪、京都、名古屋、札幌、福岡を縦断。1992年、日本映画プロフェッショナル大賞・特別賞を受賞。同年ロッテルダム国際映画祭に招待上映され、1994年にはヨ-ロッパ25ヶ所(オランダ、ドイツ、ベルギー、フランス、イギリス他)で上映される。本作は劇場のみならずライブハウスやギャラリーでの上映も行われ、さらにソルマニアをはじめとするミュージシャンとのコラボレーション上映も展開された。

1996年、『ラバ-ズ・ラバ-』を発表。現代美術界の伝説と言われるギャラリー「レントゲン藝術研究所」で撮影が行われた本作は、完成後、ロッテルダム国際映画祭に招待上映され、さらにヨーロッパ各地を巡回。渋谷シネ・アミューズにて10週間のロングランを記録し、その後、名古屋、松本、浜松、大阪、広島、京都を縦断。
同年、イベント・スペース「東京サロン化計画」の経営を開始、山崎春美、釣崎清隆などのイベントを展開する。

1997年、心霊関係のドキュメンタリー『C-FILES』を監督。
以降、脚本、CM・プロモーションビデオ・企業PVなど多数。

1999年、世紀末と共に「ホネ工房」の活動を休止。

2003年、映画『GO』(行定勲監督)のメイキング・ビデオを監督。

2004年、ボディ・ペインティングのドキュメンタリー『変態ランド』を監督。

2005年、ホラーDVD『自殺DVD』を監督。同年12月、アメリカ・カナダで『ピノキオ√964』『ラバ-ズ・ラバ-』のDVDが発売される。

2006年、ホラーDVD『怨廻』を監督。

2007年、新たなメンバーのもとに「ホネ工房」を復活。『the hiding-潜伏-』を監督。
2008年、『the hiding-潜伏-』及び『出れない』(『怨廻』劇場用バージョン)を公開。シネマアートン下北沢にて4週間のレイトショーを皮切りに、シネマスコーレ(名古屋)、PLANET+1(大阪)でロードショー公開。

2009年・10月、新宿LOFTのイベント「DRIVE TO 2010」にて『キャタピラ』及び最新作『S-94』の爆音ライブ上映を行う。

2009年から2010年にかけて『the hiding -潜伏-』と『S-94』を中心に、複数の海外映画祭で作品が上映される。

2011年9月から2012年8月にかけ、新大久保ライブハウス・EARTHDOMにて『S-94』の上映とバンドによるライブを中心としたマンスリー企画【CINEMA BLAST】を開催。上映時に特殊なエフェクターを現場で操り、通常の爆音を上回るサウンドを生み出す「巨爆音ライブ上映」を1年間にわたって行う。

2013年・7月、ポーランドのワルシャワで開催された t-mobile ニューホライゾン国際映画祭に『ピノキオ√964』『ラバーズ・ラバー』が正式出品される。同年8月、新大久保ライブハウス・EARTHDOMにて【CINEMA BLAST vol.13 凱旋巨爆音LIVE上映】を開催。
(海外映画祭での上映履歴はこちら)

 

■フィルモグラフィ

タイトルまたは画像をクリックしてください。詳細ページへジャンプします

S-94




the hiding –潜伏-




出れない





ラバーズ・ラバー




ピノキオ√964




キャタピラ




ゲロリスト




METAL DAYS