ホネ工房プロフィール

映像企画・制作・上映集団ホネ工房

1985年、大学時代に福居ショウジン監督と友人達が設立し、『レインジャーごっこ』『血の惨劇'85』『メタル・デイズ』『ゲロリスト』『キャタピラ』など、8mm映画の制作を中心に、ノイズバンド「ホネ」のライブ活動も行なう。卒業後、有限会社として展開し、映像関係の仕事を開始する。

1990年、『ピノキオ√964』を16mmで制作し、中野武蔵野ホールにて10週間のロングランを皮切りに、大阪、京都、名古屋、札幌、福岡を縦断。劇場にPAシステムを持ち込んで、爆音上映を展開する。

1995年、 『ラバーズ・ラバー』を35mmで制作し、渋谷シネ・アミューズにて10週間のロングランを記録。

1996年、イベント・スペース「東京サロン化計画」の経営を開始する。
山崎春美、釣崎清隆などのイベントを展開していく。

1999年、世紀末と共に活動を休止する。

2007年、新たなるスタッフのもと、新生「ホネ工房」を復活させ、新作『the hiding -潜伏-』を制作。

2008年・5月、シネマアートン下北沢にて、4週間『the hiding -潜伏-』のレイトショーを行う。
同・6月、最新作『S-94』を撮影。
同・11月、新宿MARZで行われた、AUTO-MODのワンマン・ライブ「Operetta of the darkness」を撮影。

2009年・4月『S-94』完成。
同・10月、新宿LOFTのイベント「DRIVE TO 2010」にて『S-94』を爆音ライブ上映。

2009年から2010年にかけて『the hiding -潜伏-』と『S-94』を中心に、複数の海外映画祭にて作品が上映される。

2011年9月から2012年8月にかけ、新大久保ライブハウス・EARTHDOMにて『S-94』の上映とバンドによるライブを中心としたマンスリー企画【CINEMA BLAST】を開催。上映時に特殊なエフェクターを現場で操り、通常の爆音を上回るサウンドを生み出す「巨爆音ライブ上映」を1年間にわたって行う。

2013年2月、新大久保ライブハウス・EARTHDOMで開催された「-昭和八十八年二月十九日(2013.2.19)若松孝二監督追悼上映-『赤軍-PFLP・世界戦争宣言』×シュレックヴルム コラボレーション」に協力。同年4月、新大久保ライブハウス・EARTHDOMで開催された「昭和八十八年四月十五日(2013・4・15) 若松孝二監督追悼上映『十三人連続暴行魔』×Intifada(インティファーダ)LIVEコラボレーション」に協力。

2013年7月、ポーランドで開催されるニューホライゾン国際映画祭に『ピノキオ√964』『ラバ-ズ・ラバ-』が正式出品される。
同年8月、新大久保ライブハウス・EARTHDOMにて【CINEMA BLAST vol.13 凱旋巨爆音LIVE上映】を開催。

2014年2月、新大久保ライブハウス・EARTHDOMで開催された「PROPAGANDA! 若松孝ニ追悼"赤Pナイト!"」に全面協力。

福居ショウジン監督のプロフィール・作品一覧・上映履歴はこちら


スタッフ募集!

ホネ工房では、只今スタッフを募集しております。ご応募はこちらから。